忍者ブログ
木洩れ日朴舎からの連絡やお知らせのブログです。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/27 Joisttile]
[10/04 darimpalke]
[07/02 Sorwaypollado]
[07/01 annonsnoirela]
[06/21 Gualaljak]
[06/21 thlgqowgi]
[03/05 gregory]
[01/03 まったはん]
[01/03 うさぎ]
[04/04 dobson]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
まったはん
年齢:
63
性別:
男性
誕生日:
1954/12/11
職業:
会社員
趣味:
山歩き、自然観察
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月3日(土)一ヶ月後に行う『田んぼ尾の観察会』の下見にと
稲穂の波が揺れる田んぼへ一人カメラを携えて出かけた。
田んぼの片隅に、気品のある『オモダカ』が僅かに夏の名残りを残して
これから田んぼは一気に黄金の季節を迎える。AP1016762.JPGAP1016766.JPGAP1016773.JPG







昨年の10月末、この近辺の田んぼが佐賀市の工場団地になることが決定してから、
リーマンショック → 底なしとも思える景気の低迷 → 民主党政権の発足 
と世の流れは変わり、その後工業団地の話はどうなったのか、
報道の話題の上る事もなくなった。AP1016777.JPGAP1016789.JPGAP1016796.JPG               







その話が、また何時動き出すか知れないが、その時、この画像が語るものを
画像の奥にとどめ置くことが、私に出来る田んぼの自然への恩返しである。
これから何年続けて行く事が出来るか分からないが、
『田んぼの観察会』は生きた生の声の証人になることと思う。
AP1016807.JPGAP1016817.JPGAP1016825.JPGAP1016840.JPG






日が暮れて行く池のほとりで少年たちが釣りをしていた。
『何が釣れるの?』 の質問に 『何にも・・・。』 の答え。
少年達は釣果よりも、三人で一緒に釣りをすること自体に重きを置いているようである。
土手に上がると、今しがた沈んだはずの夕日の残照が、
柱のようにまっすぐに上に伸びている。
どう言う現象なのかよく分からないが、面白い現象である。
反対を振り返ってみると、中秋の名月が、今、雲の上に顔を現したばかりである。
土手の下に咲くヒガンバナと中秋の名月を一緒に観る。
ヒガンバナの赤はどこか人の狂気を秘めている。
そして、満月の月の光は人の狂気を揺り動かす・・・。
夕暮れの中秋の名月。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © 『木洩れ日朴舎』の情報ブログ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]